忙しい共働き子育中の手間を省く【夕飯】

献立作り・料理の時間を省き手間なく栄養バランスある食事

 

夫婦共働きで子育中なんだから、仕事がある日くらい献立作りも調理の手間も省きたいですよね。


仕事がある日は急いで朝ご飯を食べて子供を保育園や小学校に送り出し、日中仕事して帰りに保育園や学童にお迎えに行く。

 

その後スーパーで買い物をして、帰宅後に夕飯を作る時間は正直無いのが本音。それは私だけではないと思います。

 

子供がいるので食卓には栄養バランスのある食事を並べようと心がけますが、現実は難しいです。

 

突然ですが、あれこれ言う前に結論を申し上げます。栄養バランスを考えて管理栄養士がメニューを作り、国産食材を100%使用した夕飯おかずセットがあります。

 

しかも添加物にも配慮しており、合成保存料や合成着色料も無添加の夕飯おかずセットです。

 

↓すぐに詳細を確認したい方はこちらから公式サイトをチェックして下さい↓

  • 献立作りが大変
  • 調理の時間を短縮したい
  • 仕事帰りの買い物は大変
  • 忙しいからこそ栄養バランスを気にしたい
  • 子供にはちゃんと食事をして欲しい
  • 夫の帰りが遅い
  • 自分の時間が欲しい

夫婦共働きで子育中だと、献立作りや調理時間を短縮したいニーズは多々あります。

 

あなたのご家庭では満足したディナーを食卓に並べられていますか!?100点満点は難しいけど、健康を考えると栄養バランスを考えた食事がしたいですよね。

 

保育園や学童に子供を迎えに行くのに、突然の残業は困ります。それなのに帰宅後おかずを作るのは正直しんどいです。

 

会社のお昼休みは事務所のデスクでコンビニ弁当なんてよくあるので、夕飯くらいはちゃんとした食事がしたいと思っているのですが・・・

 

コンビニ弁当

 

そして夫(妻!?)の帰宅が遅いと、食事の管理が大変です。特に食べてくるのか、帰って食べるのかわからない時は尚の事です。

 

何時に帰ってくるか分からないのに、後片付けをしないで食事を作っておくのは心情的にも嫌です。そのうえ突然「今日は食べて帰る」なんて電話があると、【いい加減にして!!】と思う訳です。

 

そんなアクシデントにも動揺せず、帰りが遅いと分かった時や今日は料理をしたくないと思ったら、夕飯おかずセットで時短しては如何でしょうか。

 

もしあなたが栄養バランスを気にしているなら、専属の管理栄養士がメニューを作っている夕飯おかずセットがあります。

 

1ヶ月の内、20日分全ての料理が異なります。しかも毎月メニューが違うので、【料理のレパートリーが少ないなぁ】と思われないはずです。

 

夫婦共働きの子育中だから調理の手間を省き栄養バランスを考える

夫婦共働きで子育てをしていると、とにかく時間がないのが本音ですよね。そして子供はかまってちゃんなので、物事が捗りません。

 

だからと言って子供がいるので、食事は栄養バランスを考えて作りたいです。

 

ですが保育園や学童帰りにスーパーに寄ると、「あれも欲しい・これも欲しい」が始まり思うように買い物も進みません。挙句の果てには違う所にフラフラ歩いて行ったりします。

 

買い物

 

朝家を出る前に電子ジャーにご飯をセットしているのですが、おかずは帰宅後に作るケースが殆どです。

 

帰宅後は子供がお腹空いた攻撃をしたりするので、手っ取り早く近くにあるパンなどを食べさせてしまうケースも多々あります。

 

そうすると夕飯のおかずができた時には「もういらない」、何て言われる時もあります。パンをあげる時に、「夕飯ができたらちゃんと食べてね」と毎回言うのですけどね。

 

そうなるとご飯はできているのでスーパーで出来合いの総菜を買ってきて、帰宅後はお皿に盛り付けて食べるのがざらになってきます。

 

ポテトサラダにから揚げに・天ぷらと沢山あるので味には困らないのですが、栄養バランスは大丈夫なのかと心配になったります。

 

給食があるので子供のお昼ご飯は栄養バランスがあると思います。でも朝は限られた時間の中で済ませているので、牛乳かスープとパンでかじって出発する日もあります。

 

食パン

 

子供については1日1食は栄養バランスを確保できてるみたいですが、それも1食です。育ち盛りだから健康にも気を使ってほしいものです。

 

それに日々忙しなくしている親にこそ、栄養バランスに気を使った方が良いかもしれません。自分の時間は子供が寝ている時だけで、その時間も自分の睡眠に当てるのが現実だったりします。

 

そんな時は夫婦共働きなんだから、適度に力を抜いても良いと思います。最近は便利になりましたから、リーズナブルに栄養バランスを考えた夕飯おかずセットなどがあります。

 

食パン

 

買い物も含め料理は手間がかかりますから、調理の手間を省きつつ自分の時間を増やしても良いと思います。

国産材料100%で添加物に配慮した夕飯おかずセット

わんまいるの夕飯おかずセット

わんまいるの夕飯おかずセット健幸ディナーは、1食あたり400キロカロリー以下で塩分3.5g以下で作成されています。

 

そしてメニューは専属の管理栄養士が考案し、カロリーや塩分・糖分・ビタミンに鉄分・カルシウムなどの計算も行っています。

 

個人では毎日の献立を考えるだけでも大変なのに、栄養計算まで行えないのが現実ですよね。

 

わんまいるでは毎週5日間、焼き魚・煮魚・和食・洋食・中華とメニューがあり、1食を主菜1品・副菜2品を毎週異なる内容でお届けします。

 

わんまいる中華

 

そして旬の食材を使用しているので、3ヶ月に1回位の割合で食材がかわり、豊富なメニューで飽きにくくなっています。

 

スーパーの冷凍食品や出来合いのお惣菜から、管理栄養士が考案した食事に替えるのも選択肢の一つです。

 

2人分・3人分と数量は自由に設定できます。

簡単調理で買い置き可能

旬の手作りおかずセット健幸ディナーの調理方法は、湯煎で加熱調理して袋から取り出し、お皿に盛るだけです。
※冷水解凍も可能です。

 

わんまいる湯煎

 

調理時間としては、わずか5分です。

 

また、冷凍なので買い置き可能です。お弁当の様に一つの容器にまとまっている訳ではなく、1品ずつ個包装になっています。

 

わんまいる個包装

 

だから食べたい時に食べたいだけお召し上がりいただけるのです。

 

また、冷凍にしているので賞味期限は約4〜6ヶ月程と長くなっていますが、日常の使用状況がご家庭によって差があり、ご家庭によって冷凍庫内の温度変化が大きい場合があります。

 

そのため、1〜2ヶ月くらいの間お召し上がりをおススメ致します。

メディアの掲載実績とご利用者様の声

わんまいるはたまごクラブやNHK・リンネルなど、多数のメディアで取り上げられた実績があります。

 

わんまいるたまごクラブ掲載

 

そのわんまいるの健幸ディナーは累計販売数が160万食を突破しており、ご利用者も多数いらっしゃいます。

 

ご利用者様の声をご紹介させていただきますので、参考にしていただければ幸いです。夕飯以外の使い方やご家庭のシチュエーションなど、使用状況は様々です。

 

あなたの時短に貢献できる声がありましたら、是非採用して下さい。

家事の時短ができ助かってます(女性)

夫婦共働きで忙しくしており、料理に時間をかけられないものの、体に良い食事をしたいと思っておりました。高齢の義母の体にも良い物をと探していました。1年8ヶ月程利用していますが、グルメな義母は到着を楽しみにしていて、堀田社長の毎度おおきに(商品明細表の裏)を読んで味わっています。国産で和食中心のやさしいお味で安心して頂いています。
(引用元:わんまいる 公式HP)

国産を使用されている安心感(男性)

昨年の妻の出産による家事の軽減がわんまいるを利用する目的でした。妊娠後期より出産後に備え、食事の準備の軽減と将来的な健康面を考慮し、妻からの提案で利用をはじめました。しっかりと味付けしてあるのにカロリーが低く、又、旬の食材をされている商品に夫婦でありがたく頂いています。離乳食のストックや私の仕事の都合で現在は一人分の注文になっていますが、冷凍保存のため、あせりながら消費する必要がないので非常に長宝しています。カロリーを考えられたメニュー、国産を使用されている安心感で安全に食すことが出来るのがとてもありがたいです。
(引用元:わんまいる 公式HP)

家事の時短(女性)

冷凍なので、毎日の夕食だけでなく、子供たちのお弁当や、余った際は週末の食事へ繰り返せるところが大変気に入っております。共働きの家族のため、調理方法が湯せんか流水解凍の2択なのも助かります。他社のケータリングは日持ちしなかったり、半調理品は仕上げての行程でかえって時間を取られてしまったりするので、我が家にはピッタリです。食べ盛りの子供がいるので、肉の量が多いと嬉しいです。
(引用元:わんまいる 公式HP)

時短で食事の準備ができるところがいい(男性)

外食やコンビニ等は味が濃いことが多いですが、わんまいるの商品はちょうどよい味付でおいしい。時短で食事の準備ができるところもいいですね。食欲のない妻(妊婦)でも食べられる料理でした。
(引用元:わんまいる 公式HP)

味や味の濃さもちょうどよく満足(女性)

子供が小さく、共働きの状況で、毎日の夕食をつくる時間の確保が難しいため、宅配での夕食を探していたところ、栄養バランスがよく、材料が国産を主に使用されているというところに惹かれて、わんまいるさんに決め継続利用させて頂いています。量も満足で、味や味の濃さもちょうどよく満足しています。(引用元:わんまいる 公式HP)


あくまでも個人の感想です。参考としていただければと思います。

こだわりの食材

主原料は国産100%です。代表の堀田氏自ら産地や市場に出向き、自分の目で確かめた食材を生産者から直接仕入れています。

 

わんまいる生産者

 

少し余談ですが、日本の食料自給率は2018年度で37%です(カロリーベース)。1960年当時は79%でり、年々下がっています。

 

わんまいるでは食で日本を豊かにする活動と捉え、国内で生産・加工された食材を消費する事で日本が循環すると考えています。

 

そして旬な食材を採用しており、旬な食材は他の時期に収穫されたよりも栄養価が高く、味も美味しいと言われています。

 

わんまいる旬な食材

 

その旬な食材を使用し、4週間・毎週5日間分のメニューを替えて提供しているため、20日間全て違うメニューでお届けします。

 

日本は北海道から沖縄まで、縦に長い地形になっています。そのため、同じ日本でも地域毎に季節に応じた旬な食材が豊富に存在します。

 

また、真空圧で少ない調味料で味を染込ませ、塩分や糖分を少なくだしをしっかり効かせています。

健幸ディナーのお値段【夕飯おかずセット】

わんまいるが提供する夕飯の旬な手作りおかずセット健幸ディナーのお値段ですが、「定期お届け会員価格」「通常価格」「初回限定価格」の3点あります。

 

定期お届け会員価格

5食分を1セットとし、3,686円(税込3,980円)です。
1食当たりにすると738円(税込796円)になります。
※送料別
<会員について>
入会金・年会費ともに無料で、お買い上げ合計金額(税抜)に応じて1%のポイントが付与されます。
※ポイントは「1ポイント=1円」で、1円からご利用いただけます。
<配送頻度>
週に一度または2週に一度の頻度でお届けします。決まった曜日・時間にお届けし、休止・再開・サイクル変更可能です。

 

通常価格

5食分を1セットとし、4,260円(税込4,600円)です。
1食当たりにすると852円(税込920円)になります。
※送料別

 

初回限定価格

お1人様3セット限りで、初回限定のお試しコースがあります(お一家族様10セットまで)。
5食分を1セットとし、3,223円(税込3,480円)です。
1食当たりにすると645円(税込696円)になります。
※送料別

 

送料

送料は北海道、沖縄県を除き、850円(税込935円)です。
北海道、沖縄県への配送は、1,950円(税込2,145円)をご負担いただきます。
また、1回のご注文でいくつも商品をご購入いただけます。1回分の送料で混載することが出来ますので、無駄な送料を省いて頂くことが可能です。

 

先ずは初回限定のお試しコースを申込み、時短生活を体験しては如何でしょうか。もちろん初めから定期お届けコースを申込んでも構いません。

 

↓時短生活を応援するわんまいる公式サイト↓

日本の食料自給率アップに貢献【低いのは何が問題!?】

そもそも食料自給率が低くて問題か!?

貿易が盛んなご時世ですから、何も日本で食料を作らず輸入すれば良いとも考えられます。でもそれは平時の時の話で、非常事態が起これば状況は一変する可能性があります。

 

具体的には災害・紛争・世界人口増加・異常気象による収穫量減少など、原因は多々あります。台風など国内事情で輸送に制限がかかれば、それだけでお店の食品がガラガラになるものです。

 

例えば2019年の台風19号が影響で、大手の総合スーパーマーケットや運送業者が臨時休業を発表しました。そうしたら3日位前から食品が品薄になり、台風前夜はお店の棚がガラガラでした。

 

災害

 

足りなくなるかもと思うと、買い占める方も出てきます。これは国内の災害なので自国でコントロールできる面がありますが、諸外国の事情であった場合はどうでしょうか。

 

海外で食料が不足したりストライキなどで操業が停止した場合、先ずは自国の安定を優先させるのが普通です。安定した輸入は、平和とセットです。

 

もしもの時は自力でカバーせざるを得ません。多くの食べ物を輸入に頼っていますが、食料自給率を上げるのは非常事態対策になります。

 

また2010年に69.6憶人であった世界人口は、2050年には97億人まで増加するとも言われています。何が言いたいかというと、「世界人口の増加に食べ物の生産が追い付かなくなる」のです。

 

世界的に食料が不足すれば、それぞれの国は自国の安定を優先させるでしょう。つまり、輸入に頼れなくなる可能性があると予想できます。

 

将来を考えた安定的な食料確保には、食料自給率を上げた方が良いと考えられます。

食料自給率とは

食料自給率とは、国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標です。
その示し方については、単純に重量で計算することができる品目別自給率と、食料全体について共通の「ものさし」で単位を揃えることにより計算する総合食料自給率の2種類があります。このうち、総合食料自給率は、熱量で換算するカロリーベースと金額で換算する生産額ベースがあり、2つの指標とも長期的に低下傾向で推移しています。
(引用元:農林水産省HP)

日本の食料自給率の推移と現状

日本の食料自給率をカロリーベースで考えました。

 

1960年当時は79%であったのに1965年には73%と減少、それが2013年には39%・2018年には37%になっており、日本の食料自給率は年々減少傾向です。

 

農林水産省の食料需給表によると、2015年度で米は100%ですが大豆に至っては7%です。大豆と言えば納豆の原料です。それが7%とは個人的にショッキングでした。

 

気になって家の冷蔵庫を開けて確認したら、確かに原材料名の丸大豆が(アメリカ又はカナダ)と記載されていました。

 

納豆原材料

 

それからと言うもの、積極的に国産大豆を使用した納豆を買うようにしています。

 

納豆国産

 

また、農林水産省の「農林水産物輸出入概況」によると、2018年度の主要農産物の輸入割合は以下の通りです。

  • 大豆:米国69%・ブラジル16%・カナダ13%
  • 牛肉:豪州49%・米国43%
  • 小麦:米国48%・カナダ33%・豪州17%

特定の国からの輸入に偏っている傾向があり、輸入国の社会情勢の変化があった場合、将来の輸入に影響が出ないとも限りません。

それなら食料自給率アップに貢献する方法は!?

食料自給率アップに貢献方法は、【国産を食べる】です。

 

皆が国産品を選ぶようになれば、食品加工業者も国内の材料を使い始めます。そしてお店の人も産地を表示するなど、国産品をアピールするでしょう。

 

需要と供給とはよく言ったもので、国産品の需要が上がれば国産品の供給も増えるという訳です。

 

旬なものを選び、地元で収穫された食材を日々の食事に活かすのも、食料自給率アップに貢献できます。

 

私はフードアクションニッポンのマークがついていると、思わず買ってしまいます。

 

フードアクションニッポン

 

フードアクションニッポンは消費者・生産者・民間企業や団体・行政が一体となって、国産の食べ物の輪を広げる国民運動です。

 

「国産の農林水産物を食べる⇒生産者が増える⇒日本の農林水産業が元気になる」を進めています。

 

今日からでも日本の食料自給率アップに貢献できそうです。

 

↓主原料100%国産の夕飯手作りおかずセット↓

page top